弁護士費用特約

トップページでは、被害者であるこちらが示談交渉させるのは、弁護士がいいとしましたが、それ以外にも示談交渉のプロである、任意保険会社にさせるという方法もあります。例えば、一般的に自動車保険と呼ばれているのは、任意保険です。ただ、こちらの過失割合がゼロのときには、それもできないことになっています。“過失割合がゼロのとき”とは、“こちらが駐車しているところに追突”とか、“こちらが信号待ちで、停車しているところに追突”などが、これに相当します。こちら側にまったく非がない、すなわち相手側の過失が100パーセントで、こちら側の過失が0パーセントのときには、賠償金額を支払うことが目的の自動車保険では、支払いが不可なのです。

結局この場合も自らが示談交渉するか、弁護士費用を負担し、弁護士にさせるしか、方法はありません。必然的に弁護士に依頼することになりますが、気になるのは日常生活でなじみのない、弁護士費用額でしょう。ところがこの場合でも、弁護士費用額を気にする必要のない方法があります。それが自動車保険に、弁護士費用特約を付けておくことです。そうすれば保険会社が、弁護士費用を負担してくれます。不幸にも交通事故被害者となってしまっても、こうしておくだけで突然の予期せぬ出費を、避けることができます。