示談交渉の要点

交通事故の被害者となってしまった場合のことを、考えたことがありますか。誰にとっても可能性が、ゼロではないことです。そうなってしまったとき、始めて考えるのは、心身の状況が通常とは異なり、安定していないことでしょうから遅すぎます。あらかじめそのときのことを考えておけば、スムーズにことを進捗させることも可能です。

通常交通事故による損害は、加害者が被害者に損害賠償金を、支払うことで解決します。またその賠償金額は、裁判で争われることは少なく、示談で決められ、終わることがほとんどです。示談というのは、裁判によらず、当事者同士で話し合いを行い、解決することです。ただ“当事者同士”と書きましたが、被害者本人と加害者本人が直接顔をつきあわせ、話し合いをすることはまずありません。別けても加害者は、保険会社に示談代行をさせるケースが大半です。保険会社は、多くの時間を示談代行に費やしているため、ほとんど知識のない一般の私たちが、示談交渉の相手とするには難敵どころではなく、こちらにあまり知識がないことを見透かせば、世間並みの示談金額より低い金額を、提示してくることもありえます。

被害者であるこちら側も、プロである弁護士を立て、保険会社とやり取りさせるのがベストの方法です。しかしだからといって、被害者本人の私たちが、何も知らないよりは、弁護士が何を考えどう動いているかが分かると、解決をさんざん待たされたあげく結果を知るより、精神衛生上いいはずです。このサイトでは示談交渉の要点について、ある程度の知識を身につけることを目指します。